スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業中

今更なんですが、メイドさんグラインド4等のセルフライナーを書いています。
サイトの修正等と一緒にアップ予定です


堀井雄二氏が“師匠”小池一夫氏とドラクエ,キャラ作り,そしてゲーム業界について大いに語る。堀井氏はまさかの「ポートピア殺人事件2」を企画中!?

http://www.4gamer.net/games/072/G007233/20091107003/


ここで小池氏が「ところでドラクエ以外のゲームは作らないのか」と尋ねると,堀井氏は「ポートピアの続編を作ろうかと考えている」と冗談めかして答えた。その名も「ポートピア殺人事件2 ~犯人はヤス~」で,登場人物のほとんどは「安井」「安木」など,ヤスがつく名前になるという。


それは「京都龍の寺殺人事件」が20年前に通った道じゃないか!
詳しくは動画サイト等で検索してみてください。

ファミコンの山村美佐サスペンスシリーズは、フラグ立てが異様に面倒なのが難点ですが、
BGMとSEが凄まじい破壊力なので滅茶苦茶面白いです。
この恐怖感はたぶんファミコンだから成立すると思います。
個人的には「ファミコン少年探偵団」より恐ろしい。

よく「昔のゲームが面白いと感じるのは、プレイヤーの想像力を引き出す(引き出さざるを得ない)からだ」
と言われますが、その顕著な例だと思います。

堕武者でもこういう「演出を含んだ音楽」をやりたいのですが、
どうしても「突然絶叫する」に頼りがちであります。

ちなみに、個人的にもっともフラグ立て難度が酷いと思うゲームは
PCEの「謎のマスカレード」です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ochimusyauv

Author:ochimusyauv
万世橋の欄干で懸垂

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。