スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所感

「最近日記を書いていないのは逮捕されたからなのか?」
という質問が知人からありましたが、幸か不幸か未だ実現には至っていません。

それはいいのですが、先日のチリ地震の影響で、キムの地元でも一メートルの津波が確認されたそうです。
避難生活を余儀なくされた方、漁業関係で被害を蒙った方々にお見舞い申し上げます。


例大祭に関しまして、デモを委託させていただける算段はついたのですが、肝心の中身が完成しないということで
「出せたら出す」程度の、無責任な告知しか出来ません(前科もありますし……)。



「介護士が認知症高齢者の排泄介助シーンを撮影し、動画をネットに投稿?」
というニュースを読みました。

? というのは、動画を取った人物とネットに投稿した人物が同一かどうか分からないからですが、
その辺りの事はさておき、撮影段階でも勿論、これは犯罪です。

認知症の高齢者を社会や地域(勿論専門の職員も!)でどのように支えるか、
というのがこれからの福祉行政における重大なテーマとなっておりますが
まだまだ認知症について、世間一般の理解が得られているとは言いがたい状況です。

同時に、養護者(家族など)、または介護施設従業員による高齢者虐待もまた大きな問題です。


高齢者虐待には
・身体的虐待
・精神的虐待
・経済的虐待
・性的虐待
・介護放棄
という五類型があるのですが、この動画のケースでは、身体、精神、性的に該当します。

「どうせ分からないから何をしてもいい」という問題ではないのです。
具体的なパーセンテージや程度を上げることができないのですが、
認知症の患者でも、心の動きは残っています。

たかが悪ふざけじゃないか、という見方もあるかと思いますが、こういう軽微な(とは言えないものですが)
虐待の影には、より多くの、あるいは深刻な、虐待が隠されている可能性があります。
また、施設自体に問題があるケースも考えられます(勤務環境など)

撮影場所が老人福祉施設かどうか分からないのですが、仮にここが介護保険法上の施設だとすると
監査→指定取り消しという流れも考えられます。


実は夏コミでは、高齢者×オタク×グラインドコア をテーマにアルバムを作ろうと思っていたのですが、
現実はフィクションの常に斜め上を行くものだと思いました。

犯罪系動画の投稿が流行している現在、出てきてもおかしくない動画ではありますが…
実際に目撃すると、かなりの衝撃です。


(急いで殴り書いたので、いろいろ不正確な点があるかもしれません)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ochimusyauv

Author:ochimusyauv
万世橋の欄干で懸垂

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。