スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修羅場


仕事の締切と新譜の締切と習い事の締切が同時に来ているので、昼も夜もありません。
仕事が一番作業の絶対量が多いのですが、正解までの手順ははっきりしているので、プレッシャーはそれほどでもありません。
あとの二つはいくら考えても成果物の出来がしっくりこないことがあり、そうなると地獄です。

去年の秋の惨劇を繰り返さないように、頑張ります。


そんな中、先日久々にゲーセンへ行き、なぜか稼働していた「ブレイカーズ・リベンジ」をプレイしました。

よくぞここまで余所のアイデアを継ぎ接ぎしたな…と思わせる内容ですが、ふと

「2D格ゲーのキャラ及び必殺技を1作品分考える」

という作業は、創作の練習として丁度よいのではないかと思いました。


スト2、ストゼロ、ヴァンパイアシリーズを別格とすれば(ヴァンプは基盤買いました…若かった)、格闘ゲームバブル期にゲーセンでよく対戦したゲームは

・ワールドヒーローズ2、JET、パーフェクト
・富士山バスター
・デスブレイド
・痛快ガンガン行進曲
・ダブルドラゴン
・スーパーマッスルボマー
・豪血寺一族1、2等々。全てが懐かしい…

KOFは96で脱落しました。
というか他の作品も全然強くないです。好きなだけで。

ギルティギアに至っては毎回曲を聴き終わる前に浮かされて惨殺されるのが悲しくて辞め、サントラを買いました。これに限らず、いいBGMなのに操作が忙しくてじっくり聴けない、なんていうもどかしさは皆さん一度は体験したことがあるのではないでしょうか。


アーケードゲームで、曲が良くて、ゆったり聴く余裕があるジャンルといえば、何といっても脱衣麻雀です。

特に
・対戦麻雀ファイナルロマンス2、R
・スーパー麻雀○禁版
・スーパーリアル麻雀P4

辺りは良質のテクノポップが揃っています(P4はそもそも一曲しかありませんが)。


また、場末の薄暗いゲーセンでぼんやりと聞こえる、ニチブツ作品の(正直凡庸な)FM音源もまた、詫び錆びがあってオツなものです。脱衣麻雀の魔力はおそろしく、あのインダストリアルな金属音すら、だんだん淫猥に聞こえてきます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ochimusyauv

Author:ochimusyauv
万世橋の欄干で懸垂

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。